【片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザー:セミナーその2】

b0198721_00295867.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザー:セミナーその2】


チャリティイベントのセミナー
「いつでもどこでも私らしく~シンプルクローゼットの整え方~」

私がセミナーでお伝えした内容を簡単にご紹介します。

クローゼットの片づけが最も苦手だった私。

いろいろな片づけ本に書かれてある「各アイテムの枚数を数える」という片づけの入り口から一歩を踏み出そうとするけれども、何度も何度も挫折を繰り返してきました。

なぜ挫折をしたのか?

それは、一枚一枚手にするたびに自分のダメなところを1つ1つ確認する作業のようで辛かったから。

ライフオーガナイザーの資格を取得して、「人それぞれ価値観がある」「片づけの方法はひとつではない」ということを学びました。

そして、今まで私は「自分の苦手を克服しようとたたかっていたのだ」と気づいたのです。

だから辛かったのだ
だから踏み出せなかったのだ

気づいたことで私はこう思うようになりました

「自分の苦手を克服するのではなく、付き合ってみよう」

私がクローゼットの片づけの一歩を踏み出せたのは、この「視点の変化」でした。

クローゼットには2つのポイントがあります。

収納と洋服です。

収納の視点の変化:「苦手を味方にする」

数の管理が苦手ならば、空間の管理をする。

見えないと忘れるならば、見える範囲を絞る。

オンシーズンのスカートはハーフカバーの「見える収納」。
オフシーズンのスカートはフルカバーの「見えない収納」。
b0198721_16542010.jpg

全てのスカートから選ぶよりも、今の季節のスカートの中から選ぶ方が選びやすい。

オフシーズンのスカートは忘れてもOK。

この内容については、blogに綴っていますのでこちらをご覧下さい

【服を数えたくありません】(2014年11月29日)

【苦手を活かして】(2015年2月11日)

【春に向けて、何を着たらいいの?】(2016年2月20日)

【迷わない方法:日々の洋服】(2017年2月24日)



洋服の視点の変化:「制服にする」

全ての洋服を制服化するのではなく、生活シーンの一部を制服化するもの。

なぜ、そうしたのか…

片づけが苦手だった頃の私は、いろいろなテイストの洋服を持っていました。

レースやフリルのついたフェミニンな洋服、森ガールの洋服、キャリアウーマン系の洋服、多国籍のフォークロア系の洋服…などなど

なぜそんなにテイストがバラバラだったのか?

それは、そのテイストを着こなすおしゃれな人を見ると、「私もそうなりたい」と思って買ってしまっていたから。マネをしていたのです。

そして、「どのテイストも好き、だけど統一することができない」と、テイストの違う服をどんどん増やしていました。
これではコーディネートも難しくなりますよね。

「私には何がいいのだろうか…統一しなくてはいけない。」と悩んでいました。

そんな私が視点を変えた時…

生活シーンの7~8割を占めている洋服のテイストを統一させようとしていた。
それはとても高いハードルをクリアしようとしていたことだと気づいたのです。

ならばハードルを下げて、私にとって最も「迷いたくない、悩みたくない」生活シーンである、「仕事(講師の時)」と「スポーツ観戦(息子のサッカー応援)」の洋服を制服化しようと思ったのです。

「仕事」は「どう見られたいか」がとても高い生活シーン。

どう見られたいか…を考えた時、
「そうだ、私はどう在りたいのか」を大切にしたいのだと思いました。

私を通して、片づけを身近に感じ、取り掛かりやすくなるような、そんな装いをしたいと。

仕事の制服はこちら
b0198721_1884174.jpg

b0198721_1842355.jpg


スポーツ観戦では「どう見られたいか」がとても低い生活シーン。
どう見られたいか…よりも、「機能性を優先したい」私がいました。

スポーツ観戦の制服はこちら

春夏は日焼け防止を優先。
b0198721_15401883.jpg

秋冬は防寒を優先。
b0198721_15393011.jpg


制服化については、こちらのblogをご覧下さい。
【片づけは暮しの一部だから】(2015年12月7日)

【迷わない方法:制服化】(2017年2月11日)

生活シーンの一部を「どう在りたいのか?」「何を大切にしたいのか?」とガッツリと自問自答した経験は、7~8割の生活シーンにも広がっていきました。
少しずつ洋服のテイストが整っていったのです。

「すっきりと、こざっぱりとした雰囲気にしたい」
「違和感を大切にしたい」

そう思えるようになり、フリルやレースがたっぷりの洋服や、違和感があった丸首の洋服が減っていきました。


このように、クローゼットの片づけが苦手だった私は「視点を変える」という入口から一歩を踏み出すことができました。

踏み出した一歩によって、

「自分の苦手が味方になる」ということに気づけました。

「どうなりたいか?」と考えるよりも、「どう在りたいか?」と考える方が洋服を選びやすいことに気づけました。

私が思う「シンプルクローゼット」とは、ただ洋服の枚数が少なく整っているということではなく、自分の特性を活かした自分らしいクローゼット。

そのままの自分が居る場所だと。


クローゼットの片づけの入り口は、人それぞれです。

ファッションからの一歩が進みやすい人もいれば、枚数を数える一歩からの人もいるでしょう。
ある人は言葉かもしれません。

他の部屋との片づけとは違う、クローゼットならではの入り口がたくさんあります。

クローゼットオーガナイザーの仕事は、お客様のクローゼットの片づけの入り口を一緒に見つけるお手伝いと、踏み出された道に寄り添うこと。

私はクローゼットオーガナイザーの資格を持っています。

しかし「クローゼットオーガナイザー=おしゃれを前提とした片づけ」というイメージがあり、ずっとモヤモヤした思いを抱いていました。

しかし今回、クローゼットのセミナーをすることで、自分自身の片づけの一歩を振り返り、何度も何度もクローゼットで洋服を手に触れてみて…

「クローゼットオーガナイザーはおしゃれに強いクローゼットオーガナイザーだけではない」ということを私はきちんと発信していただろうか?

おしゃれに特化したクローゼットオーガナイザーがいるように、じゃあ、私は何に特化したクローゼットオーガナイザーなのか?

そんな思いが溢れてきました。

そして、セミナーを作り上げた頃…

「私はその人その人の苦手に寄り添い、苦手(特性)を活かせるクローゼットオーガナイザーなんだ。」

そう思えるようになったのです。

これからはクローゼットオーガナイザーの資格も持っていますとお伝えできるように...

自分にできることは、自分が経験してきたこと。

私は...
視点を変えて片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザーです!

そう大きな声で言えるような…

大きな大きな気づきを得られたセミナーでした。
(まだまだ頑張らないといけないことが多いけれどね)

イベントにお越し下さった皆様、
そして、支えてくれた西中国チャプターの皆さん、

沢山の気づきをありがとうございました。

これからも少しずつ少しずつと小さな歩みではありますが、
頑張っていこうと強く強く思いました。

これからもチャリティイベントをどうぞ宜しくお願いいたします!


いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
****************************
「私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~」
収納本を読んでも片づけができない...すぐリバウンドしてしまう...
そんな片づけの悩みはありませんか?自分の利き脳(脳のクセ)を知り、自分や家族に合った片づけのヒントを手にする講座です。
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 
by naoyan2005 | 2017-06-11 00:59 | 【イベント、セミナー】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://naoyan2005.exblog.jp/tb/26917603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


■橋本裕子 片づけコンダクター/ライフオーガナイザー® パーソナル片づけレッスン、自宅講座、執筆などを通して「暮らしに寄り添う片づけ方」を提案しています。


by 暮らしのはこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「暮らしのはこ」

■ ホームページ

■ 講座、講演会などのお問合せはこちら
(お問合せメールフォーム)にお願いします。


------------------------

カテゴリ

全体
【プロフィール】
  -「暮らしのはこ」とは
  -ごあいさつ
【講座について】
  -パーソナル片づけレッスン
  -時間講座
  -利き脳講座
  -特別講座
  -その他講座
【イベント、セミナー】
【トークイベント】
  -ゲストについて
  -詳細・申込について
  -イベントへの思い
【出張お片付け】
  -お客様実例
【収納・インテリア】
  -キッチン
  -リビング・ダイニング
  -クローゼット
  -廊下収納
  -玄関収納
  -洗面・トイレ・風呂
  -寝室
  -子供の物
  -その他
【暮らしの・ファッション】
【暮らしの・つぶやき】
【暮らしの・出来事】
【暮らしの・時間】
【暮らしの・道具】
【暮らしの・手入れ】
【暮らしの・味】
【暮らしの・学び】
【暮らしの・本】
【暮らしの・絆】
未分類

ライフログ

掲載雑誌

暮らしのおへそ vol.25 (私のカントリー別冊)


わが家のお金を、整える (私のカントリー別冊 暮らしのおへそ実用シリーズ)


暮らしのまんなか vol.24 「自分らしさ」が暮らしのまんなか (CHIKYU-MARU MOOK 別冊天然生活)


100%リアルキッチン ライフオーガナイザーによる心地よい人生を送るための暮らし方


ESSE(エッセ) 2015年 07月号


CHANTO(ちゃんと) 2015年 03 月号

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

タグ

(99)
(97)
(28)
(26)
(24)
(24)
(23)
(18)
(16)
(13)
(8)
(7)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし