2018年 09月 12日 ( 1 )

【冷蔵庫で片づけトレーニング(その2)】

b0198721_14322022.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子です(広島県福山市)

講座、講演会、取材などのお問合せはこちら → お問合せメールフォーム


【冷蔵庫で片づけトレーニング(その2)】


新しい冷蔵庫とのお付き合い。


届いてすぐ、古い冷蔵庫の収納を参考に、冷蔵室は棚板を外しケースを使って収納を整えました。

【BEFORE】
b0198721_14335222.jpg


しかし...
以前の冷蔵庫より収納量がぐっと増えた(345L→475L)にもかかわらず、なぜか使いにくい。
食材があることを忘れてしまったり、どこに置いてよいやら迷ったり。


冷凍庫や野菜室は前と同じで上手くいっているのに...冷蔵室は上手くいかない。


『収納スペースはたくさんあるのに上手く使いこなせない』
『前は上手くいっていたのに、新しい冷蔵庫では上手くいかない』



おやおや、この感覚。
アパートから戸建てに引越した時の感覚と似ている。


収納量があれば片づく訳でもなく、
家が違えば同じ収納方法が上手くいくとは限らない。(片づけ本あるあるです)


ということで...自宅の収納スペースと同じ感覚で見直しを開始。


【ステップ1:困っていること】

①食材があることを忘れてしまう。
   (忘れた食材があった場所:深さのある収納ケース、棚板の最上段)


②定番品以外の食材を買った時や、おかずの残りを入れる時に置き場所を悩む。
   (置ける場所が少ない)


【ステップ2:どうしたいのか(目標)】

*食材をきちんと使い切れるよう、存在を把握できる収納。

*買い物や料理の後、食材をどこに置こうか迷うことなく素早く収納したい。

*私だけでなく家族にとっても、取り出しやすく、戻しやすい収納。


【ステップ3:原因】

①見えないこと...

  *深い収納ケースで忘れた食材は、ケースの中に埋もれて見えなくなっていた。
  *最上段で忘れたモノは小さなケースに入れた食材。棚の奥にあり、見えなくなってた。
 
b0198721_17314854.jpg

  

②置き場所に悩むこと...

  *ゴールデンゾーン(取り出しやすい位置)に置きたいモノの多さと、置けるスペースが合っていない。


【ステップ4:対策】

まずは冷蔵庫内をもとの形に戻すことから。
下段の棚板2枚(左右)を戻して最初から。
 
b0198721_17305746.jpg

棚板を外した理由は、鍋がそのまま入らないから。(鍋ごと入れることが多い)
もちろんこの棚板の状態では使えません。
b0198721_17311494.jpg


①ゴールデンゾーンの下段に棚板を増やし、食材を置ける場所を増やす。

  *右側の棚板は左の棚板がないと自立できないので、右側を外してラックを入れる。
   (ラックは棚板よりも少し高さがあり、鍋を納めることができる)

b0198721_17330203.jpg

b0198721_17331853.jpg

  *食材が埋もれない深さで半透明のケースを使う。(見える収納を意識)

b0198721_17320337.jpg

  *鍋を入れない時は、より見やすいように右側へ置く。
  *下段の左棚板。上下では上の方が見やすく置きやすいので、すぐ消費したいモノは上に置く。

b0198721_17322146.jpg


②最上段に小さい食材や、すぐ消費したい食材を置かない。

  *すぐ目につきやすい大きなモノ(開封前の飲みモノ)や、消費期限が長いモノをおく。
  *小さなケースを使わない。

b0198721_17333467.jpg



【AFTER】

場所ごとに置く食材を決めて...今回の見直し終了。

b0198721_17454597.png



さてさて、今回の見直しで意識をした

★自分や家族のゴールデンゾーンはどこか
★目の届きにくい場所にはどんなモノを置くのか、どう収納するのか
★収納用品をどう選ぶか


これらのポイントは、食器棚や押し入れなど、家の中の収納スペースにも繋がるものです。


そして、冷蔵庫の容量の変化は、『高さ』『奥行』の変化だと気づくことができました。

もちろん横幅も少し広くはなりましたが、幅が広くなることには問題は感じられず、高さと奥行の変化に対応できていなかったことを実感。

これも又、家の収納に繋がるポイントです。


他にも、
『冷凍庫の立てて収納は、洋服ダンスの収納に繋がるなぁ』と感じたり、
b0198721_14341809.jpg

『野菜室の収納ケースで空間を横に区切って収納は、洗面台収納(引出しタイプ)と繋がるなぁ』と感じたり。
b0198721_14344777.jpg


冷蔵庫1台で、家の中の色々な収納スペースに繋がっていく。
ということは...

冷蔵庫の見直しで『片づけトレーニング』ができるじゃないか!笑


もちろん今回の冷蔵庫の見直しがベストかどうかは、使い続けないと分かりません。

しかし、これから先「使いにくいなぁ」と感じても、片づけトレーニングができると思えば楽しいもの。
(私の場合はです...職業病。笑)


冷蔵庫とほどよい付き合いをしながら...


みなさんも是非、片づけの筋力を身につけましょう♪




\ランキングに参加中。応援クリックいただけると嬉しいです♡/

にほんブログ村


\サイトに参加しています♪/



\お世話になっています!/
♦エキサイトブログ公式プラチナブロガー
b0198721_16193094.png

***********************************
『できる!が見つかる片づけ術~利き脳で暮らしを軽やかに~』

【日時】2018年9月21日(金)10:00~12:00
【場所】講師自宅(広島県福山市)
     *お申込み後、詳細をメールでご連絡いたします。
     *駐車場有
【受講料】3,500円(税込)
【定員】4名
【お申込み】お申込みはこちら → 


『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2018-09-12 12:07 |   -キッチン | Trackback | Comments(0)


■橋本裕子 片づけコンダクター/ライフオーガナイザー® パーソナル片づけレッスン、自宅講座、執筆などを通して「暮らしに寄り添う片づけ方」を提案しています。


by 暮らしのはこ

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「暮らしのはこ」

■ ホームページ

■ 講座、講演会などのお問合せはこちら
(お問合せメールフォーム)にお願いします。


------------------------

カテゴリ

全体
【プロフィール】
  -「暮らしのはこ」とは
  -ごあいさつ
【講座について】
  -パーソナル片づけレッスン
  -時間講座
  -利き脳講座
  -特別講座
  -その他講座
【イベント、セミナー】
【トークイベント】
  -ゲストについて
  -詳細・申込について
  -イベントへの思い
【出張お片付け】
  -お客様実例
【収納・インテリア】
  -キッチン
  -リビング・ダイニング
  -クローゼット
  -廊下収納
  -玄関収納
  -洗面・トイレ・風呂
  -寝室
  -子供の物
  -その他
【暮らしの・ファッション】
【暮らしの・つぶやき】
【暮らしの・出来事】
【暮らしの・時間】
【暮らしの・道具】
【暮らしの・手入れ】
【暮らしの・味】
【暮らしの・学び】
【暮らしの・本】
【暮らしの・絆】
未分類

ライフログ

掲載雑誌

暮らしのおへそ vol.25 (私のカントリー別冊)


わが家のお金を、整える (私のカントリー別冊 暮らしのおへそ実用シリーズ)


暮らしのまんなか vol.24 「自分らしさ」が暮らしのまんなか (CHIKYU-MARU MOOK 別冊天然生活)


100%リアルキッチン ライフオーガナイザーによる心地よい人生を送るための暮らし方


ESSE(エッセ) 2015年 07月号


CHANTO(ちゃんと) 2015年 03 月号

以前の記事

2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
more...

タグ

(96)
(95)
(26)
(24)
(24)
(23)
(23)
(16)
(16)
(13)
(8)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし