カテゴリ:  -ゲストについて( 10 )

【トークイベントの予習に】

b0198721_16365744.jpg


【トークイベントの予習に】

♦藤原美智子さん、大島衣恵さんとのトークイベント。当日券あります!➡ 「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」

昨日発売になったインテリア雑誌「大人のpremium PLUS1LIVING vol.4」。

藤原美智子さんの週末のお家が10ページにわたり掲載されています。

美智子さんやご主人様が、10年、20年と使い続けている家具や、
こだわりの建具や間取り、
愛情たっぷり注がれたお庭の植物たち...

ページをめくるたびに、7月に伺った時の感動が蘇ってきます。
b0198721_18164080.jpg

b0198721_17241636.jpg

「藤原美智子さんのお家訪問 その1.旅支度編」
「藤原美智子さんのお家訪問 その2.Body&Faceストレッチ編」
「藤原美智子さんのお家訪問 その3.メイク編」
「藤原美智子さんのお家訪問  その4.garden&tea-time」

10月2日のトークイベントでは、人生の歩み、仕事への思い...
そしてライフスタイルデザイナーとしての暮らしへのこだわりなどもうかがっていこうと思っています。
(あ、もちろん、年代別のメイク法もうかがいますよ!)

美智子さんが大切にされている週末の暮らし。
トークイベントをさらに楽しめる一冊です。

是非、トークイベントの予習として...
手にしてみてください。


皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-09-27 16:57 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

「しなやかに極める~美しい人生のつくり方」変わらない思い】

b0198721_17130625.jpg


【「しなやかに極める~美しい人生のつくり方」変わらない思い】


10月2日(日)開催のトークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」。

トークイベントの申込締め切り9月23日まで、2週間となりました。
お申込みはこちら ⇒ 「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」


私がヘアーメイクアップアーティストという職業を知った(意識した)のは20代になってから。
雑誌をめくりながら

「メイクでこんなに変わるんだ」
「メイクって、こんなに楽しいんだ」
「女性に生まれて良かった!」

そんなワクワクを与えてくれたメイクページには、いつも藤原美智子さんのお姿が。
美智子さんが手がけられるメイクは、トキメキを与えてくれ、美智子さん自身がいつしか憧れとなりました。

今回、トークイベントを開催するにあたり、福山市のエスティックサロン『ファシオール』のオーナー:宇田ユミ先生が、21年前の藤原美智子さんの本を貸して下さいました。
(ユミ先生は25年以上前から、藤原美智子さんのファンでいらっしゃいます。)
b0198721_22241558.jpg

私が美智子さんからメイクを教えていただいた際、まず最初に問いかけられた言葉...
「どんな自分になりたい?」

その言葉が21年前の本の最初のページにも綴られていました。
「メイクで大切なのは、どんな自分になりたいかという、はっきりとしたイメージを持つこと」

変わらない美智子さんの姿がありました。


さて、トークイベントもうお一人のゲスト、喜多流シテ方能楽師の大島衣恵さん。

喜多流で初めて女性能楽師になられた方。

舞台の上での衣恵さんは、いつも変わらず、凛とした力強さとしなやかさを感じさせます。

でもその変わらない裏側には、自分自身と向き合いながら変わり続けてきた衣恵さんもいます。

先日、衣恵さんと打ち合わせをしながら、能楽師としての18年間の思いを語って下さいました。

戸惑いや迷いを乗り越えながら...
それでもお能を嫌いになったことは一度も無いと。

変わらない衣恵さんの思い。

もしかして、人は変わり続ける(挑み続ける)ことで、変わらない思いを強くさせのかもしれません。

変わり続ける一歩は動くこと。

参加者の皆様のトークイベントに参加した一歩が、変わらない思いの強さへと導かれますように...
10月2日、愛おしい人生を手にしましょう。

『しなやかに極める ~美しい人生のつくり方~ 』

【日時】2016年10月2日(日)13時30分~16時(イベント終了後、ゲストとの写真撮影会あり)
【場所】喜多流大島能楽堂 http://www.noh-oshima.com/index.html
    広島県福山市光南町2-2-2
    *駐車場なし *福山駅徒歩15分
【参加費】5,000円(税込)*参加費振込先着順指定席
【定員】170名(小学生以下の申込不可)
【申込方法】「こくちーずPRO」サイトにてweb申込 
      http://www.kokuchpro.com/event/kurashi/

皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-09-09 23:19 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【『しなかやかに極める』私を変えた藤原美智子さんの言葉】

b0198721_16345782.jpg


【『しなやかに極める』私を変えた藤原美智子さんの言葉】


「大丈夫、人は聞きたいように聞くから、気にしなくてもいいよ」

こんな言葉、言われたことはありませんか?
また、そう思っていませんか?

私も講師としての仕事をする際、そう言われた経験があります。

確かにそうだし、そう思うことで、ガチガチの鎧を外すこともできて心が軽くなることも。

そしてその先...
「だから仕方ないよね」
そう思っていた私。

そんな私の未熟さを教えて下さったのが、藤原美智子さんでした。

以前、美智子さんがインスタグラムで、
ミケランジェロの「うずくまる少年」の写真について書かれてありました。(「michiko.life」

写真は、うずくまる少年の背中を撮ったもの。
筋肉、背骨がとてもリアル。

ピラティスを始めて、今まで素通りしていたこの写真が目に留まるようになったと書かれてあり、
「人は興味があるものしか目に入らないものだ」と。

その際、何の気なしに
「人は聞きたいように聞くといいますよね」
と、コメントを書いた私...

すると、美智子さんからお返事が。

『そうなんですよね。
私が初めて講演をした際、終わってから担当の人にどうだったかを聞いたところ、

「大丈夫ですよー。人は自分がとりたいようにしかとれないし、聞きたいように聞きますから」

というようなことを教えて下さって。
それは確かにな、と。

だとしたら自分は、どう捉える人か、というのが自分のテーマになりました。
自分次第ということですね。』
(美智子さんのコメント全文)

がーーーーん。

美智子さんは、「自分だったら...」というその先に目を向けられている。
もっともっと広い世界にいらっしゃる...っと。

あああ、私はなんて浅はかなのだろうか。

もう...玉砕。笑

もちろん美智子さんは、私に教えるということではなく、ただご自身の体験談を書かれただけ。

でもね...

私はこのお返事を頂いて、頭の中でガラガラガラっと大きな石が崩れる音を感じたのです。

そして、その衝撃は喜びへと...

自分の固まった思い込みが外れた喜び。
その先の世界を見れた喜び。

嬉しくて、嬉しくて、涙が出たほど...

「藤原美智子さんのお話を聞きたい!」

私のイベント実行への思いが決まった瞬間でもあります。


自分の人生、どう捉えて生きていくのか...


10月2日(日)トークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」
あなたは人生をどう捉えて生きていかれますか?

お申込みはこちら ⇒ 「こくちーずプロ」

皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-08-08 16:23 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【「しなやかに極める』第一部 大島衣恵さん】

b0198721_15355798.jpg


【『しなやかに極める』第一部 大島衣恵さん】


10月2日(日)に開催するトークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」。

第一部のゲスト:大島衣恵さんは、喜多流シテ方で初めての女性能楽師です。

そして、会場となる『喜多流大島能楽堂』は、衣恵さんのご実家。
全国でも珍しい個人所有の能楽堂です。
b0198721_15142075.jpg

喜多流シテ方の大島家の歴史は明治維新後にさかのぼります。

明治維新後、福山藩お抱えの能楽師の家が途絶えました。
それをうけ、藩士の大島七太郎氏が師匠の跡を継ぎ、喜多流十四世宗家に師事されたのが始まりです。

二代目:寿太郎氏、三代目:久見氏と続き...
現在の四代目:政允氏、五代目:輝久氏、そして今回のトークイベント第一部ゲスト「大島衣恵」さんへと受け継がれています。
b0198721_18154408.jpg


能楽は分業です。
(能楽についての詳しいサイトはこちら → the能.com )

主役と謡を担当する「シテ方」。
シテの相手役を担当する「ワキ方」。
伴奏を担当する「囃子方」。

シテ方、ワキ方、囃子方それぞれにいくつか流儀があります。

シテ方では、観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流があります。

喜多流は江戸初期に確立した流派で、どこか武士道的精神を感じられるような気迫を感じるものがあります。

世阿弥から始まった能楽は男性が愉しむ芸能の1つでした。
(花嫁修業の1つと言われるような茶道も、もともとは男性の嗜みでした)

シテ方の喜多流は、プロとして舞台で演じられるのは男性だけ...

小さい頃は子方として女の子も舞台にあがれるものの、成人したら女性は無理。

代々、シテ方の家で生まれた大島衣恵さんも、そのことは重々承知の中で育ってきました。

東京芸術大学時代も、シテ方ではなく、囃子方の小鼓を学ばれました。
どこかで、違う道も考えていたのでしょう。

しかし、小さい頃からお稽古をし、能楽の世界で生きていく中で...
彼女の心の中に大きな大きな変化が起きてきました。

「能楽師になりたい」

大学卒業後、職分の先生方にその思いを綴った手紙を届けたり、ご意見を頂いたり...
少しずつ少しずつ夢に向かって...

衣恵さんは「喜多流で初めての女性能楽師になりたかった」のではありません。

ただただ、「能楽師になりたかった」のです。

男性だから、女性だからではなく、「能楽師」として舞台にたちたかったのです。


無謀とも思えるその思いは、多くの方支えも受けて...
1998年、叶うことができました。

能楽師:大島衣恵としての舞台活動が始まりました。


プロとして歩み始めて18年。
自分の「好き」という思いに目をそらさず向き合ったことで手にした人生。

舞台での活動は国内だけではなく、海外にまで広がっています。
又、小学校や中学校では、子どもたちに能楽の楽しさを伝えています。
2年前からは広島テレビのコメンテーターをつとめたり...

伝統を守りながら、活躍の場を広げています。

そして...

12月23日に開催される「大島久見十三回忌追善能」。
この会で大島衣恵さんは「道成寺」を披き(ひらき)ます。

「道成寺」は能楽師として大きな大きな節目となる大曲です。
「道成寺」を披いて、やっと一人前と言われることも...


伝統の世界の門を開き、歩き出して18年。

何を守り、何に挑み続けているのか...

彼女が自らの手でつかんだ人生の中に、私たちにも繋がる人生のヒントがあるのでは...

そう感じてなりません。

トークイベントでは、彼女が能楽師として立ち続けている能舞台で、彼女が歩んだ道のり、輝きの源にせまります。


愛おしく美しい人生をてのひらに...

未来の私への第一歩をここから始めましょう。
どうぞ、皆さま、お楽しみに!

♦藤原美智子さん、大島衣恵さんとのトークイベント
お申込みはこちら ⇒ 「こくちーずプロ」


皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村


by naoyan2005 | 2016-08-05 16:41 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【藤原美智子さんのお家訪問 その4.garden&tea-time】

b0198721_15423594.jpg


『藤原美智子さんのお家訪問 その4.garden&tea-time』

ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さんが企画された「ビューティー・リトリート」。

これまでのブログはこちら
「藤原美智子さんのお家訪問 その1.旅支度編」
「藤原美智子さんのお家訪問 その2.Body&Faceストレッチ編」
「藤原美智子さんのお家訪問 その3.メイク編」

本日が最後のレポートになります。
最後は、藤原美智子さんの「暮らし方」にせまります。

42歳からの身体と向き合うことをスタートされた美智子さん。
ミクロの変化を受け止めながら、好奇心は色々な枝葉をつけて広がっていかれました。

枝葉の1つが「食べもの」

「マクロビオテックス」「ローフード」など、いろいろな食事法を試していかれた美智子さん。
試していくうちに、さらに深い知識を...と栄養コンサルタントの資格を取得されるほどに。

そして...
「自分で食べるものを自分で作りたい!」という思いを家庭菜園で実現されています。

メイクレッスン終了後、季節ごとに様々な表情を見せてくれる美智子さんのお庭を散策しました。

ローズマリーやレモンバーム、レモングラスなど、様々に個性を持つハーブたちを一緒に摘んだり。
b0198721_16282274.jpg

甘味がぎゅーっと詰まったプチトマトをみんなで食べたり。
b0198721_16283606.jpg

ぷりぷりの可愛らしいピーマンに出合ったり。
b0198721_16284867.jpg

庭の片隅に、なんともいえない愛らしいブタの置物を見つけたり。笑
b0198721_16285905.jpg

活き活きとした植物たちのパワーをもらいながらの散策。

お庭だけでなく、お家の2階のサンルームにも植物たち。
(ソファーで寝転ぶ私...美智子さん撮影。笑)
b0198721_15450971.jpg


緑ゆたかな美智子さんのお家...
お庭は、約7年かけてやっと理想に近づいたそうです。

雑誌「HERS 8月号」に美智子さんのこんな言葉が載っています。
「手をかけて育てることはメークで人を輝かせることに似ています」

庭というのは、庭に出れば何かしらの仕事が待っているもの。
そしてその仕事はコツコツと地道な仕事でもあります。

ヘア・メイクアップアーティストとして第一線で活躍されながらも、コツコツと手をかけることを忘れない姿勢に、多くの方が心惹かれるのかもしれません。


さて、フレッシュなハーブを摘んだ後は...「tea-time」
b0198721_15434040.jpg


デザートはココナッツクリームプリンに甘夏のゼリー。
プリンもゼリーも美智子さんのお手製です。

ドリンクは、オレンジとシャンパンのミモザで。
b0198721_16223097.jpg

お料理もとても上手な美智子さん。

インスタグラムではお庭の野菜を使ったお料理や、デザートもアップされています → 「michiko.life」

テラスに移動して、乾杯を!
b0198721_15455570.jpg

b0198721_16410854.jpg

今日一日の夢のようなひと時をみんなで語り合い、またの再会を約束。

海を赤く染める夕焼けとともに、美智子さんのお家を後にしました...


さて、藤原美智子さんのお家訪問、いかがだったでしょうか?

今回のイベントを企画されたきっかけは、私がお願いした10月2日に開催するトークイベントだったそうです。

メイクやストレッチ、ライフスタイルなどいろんな方へお伝えすることができたら...
「どこか企業が企画してくれないかしら?」
そう長年思われていました。

そんな時、向こう見ずな私が行動を起こしたトークイベントの企画。

「そうか!やりたいなら、自分で動けばいいんだ!」
週末のお家でのイベントはこのように実現されました。

そして、その実現のきっかけに私がなれたことが...
とてもとても嬉しい。

このイベントを通して...

自分自身の身体と向き合い...
自分をとりまく自然に耳を傾け、たっぷりと愛情を注ぎ、感謝の気持ちを表す...

そんな藤原美智子さんの暮らし方、生き方を目の当たりにできました。

短い時間ではありましたが、美智子さんと暮らしの時間を共有する中で...
忘れていた...見失っていた...

小さな小さな喜びをたくさん見つけることができました。

そして、そんな喜びの積み重ねが、美しい人生に繋がるのだと...


愛おしく美しい人生を手のひらに。
藤原美智子さん、ありがとうございました。
b0198721_17241636.jpg



10月2日(日)トークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」では、美智子さんの生き方により深くせまります。(お申込みはこちら → 「こくちーずプロ」

どうぞお楽しみに!


皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村


by naoyan2005 | 2016-07-31 17:36 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【藤原美智子さんのお家訪問 その3.メイクレッスン】

b0198721_16434183.jpg


『藤原美智子さんのお家訪問 その3.メイクレッスン』

ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さんが企画された「ビューティー・リトリート」。

これまでのブログはこちら
「藤原美智子さんのお家訪問 その1.旅支度編」
「藤原美智子さんのお家訪問 その2.Body&Faceストレッチ編」

3回目となる本日は、お待ちかねの『メイク編』。

長年にわたり第一線で活躍されていらっしゃる藤原美智子さんによる、直々のメイクレッスンです。

それも週末のお家で...こんなに贅沢なことはありません!感涙

レッスンは、自然光溢れるダイニングテーブルで。
b0198721_16444782.jpg

ダイニングテーブルには、お土産の「LA DONNA」特製のメモ帳とスクリューブラシも置いてありました。
b0198721_16441072.jpg


各自、日ごろ使っているメイク用品を並べて...レッスンスタートです!

藤原美智子さんといえば、肌造りの達人。(っと、私は思っています)
吸い込まれるような肌を何度雑誌で見たことでしょう。

レッスンの最初は、悩みに合わせたファンデーション選びからかしら?...
そんなことを想像していたら、意外や意外、最初の言葉は

「どんなメイクにしたい?メイクでどんな自分になりたい?」

そう、自分自身の「こうなりたい」という思いを聞かれたのです。

あれれ、これって、片づけと同じですね。繋がる繋がる...

一人一人の思いを確認され

一人一人の悩みを聞かれ

一人一人の顔だちを活かして

一人一人に美智子さんが丁寧なアドバイス。
b0198721_19242718.jpg

さてさて、私はといいますと...

「こうなりたい」を今は明確にもてないけれど、「自分の顔だちを活かしたメイクを知りたい」
という思いをお伝えしました。

私の場合、ポイントメイク全てを「きちんとしてしまう」傾向が。
お化粧しました感が強いのが悩み。

どれもこれもが一生懸命なメイクだと自分自身でも思っている。笑

そんな私に、美智子さんは私の顔をじっくりと観察して...

美智子さん「NYスタイルのメイクが似合う!」
私「え?NYスタイル???」
美智子さん「そう、入浴じゃないわよ、NYよ!」

と、コントも加わってのアドバイス開始!笑


私がいただいたアドバイスを①~⑥でご紹介。

①ファンデーション

日焼けによるシミ、そばかすが多い私。
そばかすには艶感のあるコンシーラーがいいとのこと。

②チーク

私が使っていたのはピンク色。
b0198721_16020212.jpg

しかし、美智子さんが選んだのは赤味のある色でした。
b0198721_16535587.jpg

つける場所も頬からこめかみに広げるのではなく、頬の内側にのせるように。

おおおおお、色も付け方も自己流と全く違う!

③アイシャドー

目が一重な私。
くすみやすい色はNG。

海外ブランドの油分が多いアイシャドーだと、透明感が出やすくてにじみやすい。
国内ブランドのアイシャドーを勧められました。

又、下瞼にグレーのラインを入れて、目元を強調したメイクに。

まつ毛はしっかりと立ち上げて、上下たっぷりマスカラを。

④眉毛

美智子さん「綺麗に描きすぎてる。描いてますじゃなくて、生えてますにしないと。

眉毛の長さは若干短めに。
パウダータイプで描いて、足りないところをペンシルで補充。
スクリューブラシでのぼかしは必ず。
眉頭は綿棒でぼかす。

⑤リップ

目元を活かすために、リップはベージュで。

コンシーラーで唇の色味をおさえてからベージュのリップを。

美智子さん「外国人ぽい唇をしているから、ベージュのリップが合うのよ。」

⑥ヘアー

横別けをさらに深く。
片方を耳にかけて...

っと、ここで、
美智子さん「あら、耳が寝ている。しっかり両耳を引っ張って起こしてあげて。顔のたるみの原因にもなるのよ。」

両耳をつまんでのストレッチ

自分では気にもしていなかったことを教えていただいて。

耳が寝ていたなんて、新しい発見!新しい発見!


そんな美智子さんの丁寧なアドバイスの後...

鏡を見ると、新しい...ワクワクするような自分が映っていました。

もちろん私だけでなく、参加者4名、全員が驚きの変身を!


参加者4名、頂いたアドバイスは、使うメイク用品も違えば、メイク方法も違う。

しかし、共通していることは、「どんな自分になりたいか」を持つこと。


あれやこれやと考え込みやすく、どうなりたいかを決めにくい私。

そんな性格を見透かすかのように、美智子さんが最後に私に伝えた言葉は...

「潔く」

ああああ、そうですね、潔く。

「こう」と決めたことに向かって、私の望みは動いていくんでしょうね。


40歳を過ぎると、いつも同じメイクをしがち。

今回のメイクアドバイスは、見事なまでにいままでの私のやり方とは違っていました。

固定観念が大きく大きく崩れた瞬間。


女性としての愉しみをもう一度もらえたような...
そんなメイクレッスンでした。


さてさて、10月2日(日)トークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」では、年代別のメイクアドバイスなどもお聞きする予定です。(お申込みはこちら → 「こくちーずプロ」

どうぞお楽しみに!

*藤原美智子さんのお家訪問。次回が最終レポートです~~~

皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-07-29 19:32 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【藤原美智子さんのお家訪問 その2.Body&Faceストレッチ】

b0198721_18162532.jpg


『藤原美智子さんのお家訪問 その2.Body&Faceストレッチ』

ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さんが企画された「ビューティー・リトリート」。

女性の綺麗はメイク だけでなく「住まい方」や「身体」「食」「思考」など 全てから創られると伝えられている美智子さん。

実は、ヘア・メイクアップアーティストという肩書だけでなく、ライフスタイルデザイナーとしての活動も。

今回は、美智子さんの週末のお家で、Body&Faceストレッチ、メイクレッスン、デザート作り、シャンパン やハーブティーをいただきながらのティータイムなど...
インスタグラムにアップされている美智子さんの日常を一緒に体験するものです。

昨日は「旅支度」についておとどけましました。→ 

さて、ドキドキとワクワクをスーツケースに詰め込んで...
車窓からはキラキラと輝く夏の太平洋。

自宅を出発してから5時間。藤原美智子さんの週末のお家へとたどり着きました。

秋のイベントの打ち合わせで、何度かやりとりをさせていただいていたものの、実際にお会いするのは初めてです。

ドキドキしながら、緑いっぱいに囲まれた門のチャイムを鳴らすと...

「いらっしゃいませ!ようこそ♪」と昔からのお友達のように颯爽と駆けつけて、明るく出迎えて下さった美智子さん。

握手が終わるやいなや、私の赤いスーツケースをパッと手に取りお家へと...
「そ、そんなことされては困ります~(汗)」と慌てて追いかける私。笑

大きな玄関の扉を開くと、そこはまるで南仏プロバンスかと思うような空間が広がっていました。
b0198721_18164080.jpg

b0198721_18143119.jpg

参加者は私を含めて4名。
美智子さんが一人一人じっくりとお話をされたいという思いで、少人数のものでした。
20代、30代、40代とそれぞれの年代が偶然にも揃いました。

さて、最初のレッスンは『Body&Faceストレッチ』。
身体全身を「ほぐす」ストレッチです。
b0198721_18141393.jpg

まずは、テニスボールを使ってのFaceストレッチ。

壁平行に立ち、テニスボールを壁と顔のこめかみの辺りに挟みます。
ボールに寄りかかりながら膝を軽く緩めたり伸ばしたりして、こめかみ辺りからエラの辺りまでボールを上下にコロコロと。

頭痛の軽減や、顎関節のこわばりを緩めたり、小顔効果もあるそうです。

又、テニスボールは足裏のストレッチにも。

足の付け根や土踏まずで踏んでいくと縮こまって固まっていた足裏が解放されるよう。
ふわっと軽やかになるのはもちろんですが、足裏全体でしっかりと身体を支えているのが実感できます。

続いては、ストレッチポール、ショートポールを使ったBodyストレッチです。

鋼のように身体の硬い私。
前屈しても床に手が届かないほどです。汗

美智子さん指導のもと、悲鳴をあげてのストレッチ。
「もう、笑わんで~~~」と言っている私が大笑い。笑

美智子さんはというと...それはそれはしなやかで柔らかい。

悲鳴をあげながら一通りストレッチが終了。
さっと立ち上がった瞬間、ビックリするほど身体がふわっと軽やかに。
身体が解放された瞬間でした。
(テニスボールやストレッチポールを使ってのレッスンの様子は、藤原美智子さんのインスタグラムをご覧ください → 「michiko.life」

実は、美智子さん。
ストレッチを始められたのは42歳になってから。
52歳でヨガを。55歳でピラティスを始められました。
本格的に取り組み始められたのは50代になってから!

42歳まではというと...
「こんなだったのよ~」と体現してくれた状態は、私に負けず劣らずの硬い身体。

仕事柄、身体を歪めての作業が多く、首が左右に回らなくなったり、腰を痛めたり...
これではいけない!と40代に入ってから身体と向き合うように。

著書「大人の女は、こうして輝く」では、ストレッチについて「ミクロの進歩でも、続けると大きな結果となる」と。
b0198721_18135084.jpg

身体が楽になったことで気持ちも楽になった...
「身体と心の繋がり」を美智子さんはストレッチを通して実感し、より深く自分自身と向き合うようになったそう。

40代からのストレッチは、身体を鍛えるものではなく、身体と心を解放させるものなのかもしれません。

しなかやな身体は、しなやかな心をつくる...

美智子さんのしなやかな身体を目の当たりにして、「私はまだ新しい自分と出合えるかも」。
そんな思いがふつふつと沸き上がってくるのを感じました。

諦めを手にしやすくなる40代。

しかし、美智子さんは諦めではなく「新しい自分」を手にされました。

そんな藤原美智子さんのライフスタイルには、人生をより豊かに、美しくしてくれるヒントが沢山あります。

10月2日(日)トークイベント「しなやかに極める~美しい人生のつくり方~」では、そのヒントを多くの方にお伝えしていただきたいと思っています。(お申込みはこちら → 「こくちーずプロ」

どうぞお楽しみに!

*まだまだ、藤原美智子さんのお家訪問ブログは続きます~~~

皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-07-27 20:19 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【藤原美智子さんのお家訪問 その1.旅支度】

b0198721_15033629.jpg


『藤原美智子さんのお家訪問 その1.旅支度』

日曜日は、藤原美智子さんの週末のお家に伺いました。

今回は、美智子さんがインスタグラムのフォロワーの方を対象に募集した「ビューティー・リトリート」の企画。

Body&Faceストレッチ、メイクレッスン、デザート作り、シャンパン やハーブティーをいただきながらのティータイムなど...
インスタグラムにアップされている美智子さんの日常を一緒に体験するものです。

それはそれは夢のようなひと時...

今日から数回にかけて日曜日の様子をブログに綴っていきます。
どうぞお付き合い下さいね。

さてさて1回目の記事は、旅支度から!

日帰りはできない場所ということで、1泊2日の旅になりました。

週末のお家で...
リゾートで...
運動もして...
でもカジュアルすぎるのも失礼かしら...

などなど
あれやこれやと考えながら...

まず取り掛かったのが、靴とカバンを選ぶこと。

私の旅支度は、使いまわせる靴とカバンを選ぶところから始まります。

ちょうど本日更新された『片づけ収納.com』に私の旅支度の記事がアップされていますので、是非ご覧くださいね。

さて、今回選んだ靴とカバンはこちらです。
b0198721_15035739.jpg

靴はDIANAのサンダル。
カバンはサラグレースのカゴバック。
エルメスのバンブー柄のスカーフを巻いてリゾート気分をアップ。
スカーフの青とサンダルの青をリンクさせました。

初日、美智子さんのお宅訪問の装い。
b0198721_15040923.jpg

ワンピースはaquagirl。
今年流行りのオフショルダーを投入。

少しハリがある生地は、骨格診断でナチュラルタイプの私には苦手。
しかし、オフショルダーでもきちんと感が出るところが気に入って、あえて選択。

二日目は帰宅だけ。なのでぐっとリラックス。
b0198721_15042910.jpg

ブラウスはstudio CLIP。
パンツはHug O War 。

アクセサリーが登場していませんが...
実は、ターコイズのネックレスをしていましたが、初日に糸が切れるというアクシデントが!涙
ま、厄が落ちたということで...笑

ちなみに...スーツケースは赤。
サンダルからのぞく脚にはシャネルの赤色を。
b0198721_15044128.jpg


旅の装い...

訪れる場所は?
雰囲気は?
誰と会うの?
その方のイメージは?

そんなテーマを持って装いを考えると、旅の楽しみは倍増されます。

私の旅支度。
ワクワクとドキドキも一緒にカバンに詰め込んで...

美智子さんの週末のお家へと出発しました!

♦藤原美智子さん、大島衣恵さんとのトークイベント。申込受付中です! ⇒ 「こくちーずプロ」


皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-07-26 15:59 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【「しなやかに極める」第二部 藤原美智子さん】

b0198721_15355798.jpg


『「しなやかに極める』第二部 藤原美智子さん』

10月2日(日)開催。
トークイベント『しなやかに極める~美しい人生のつくり方』。
詳細、申込方法はこちら ⇒

第二部のスペシャルゲストは、美の巨匠!ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さん!
b0198721_16345782.jpg


日本を代表するヘア・メイクアップアーティストでいらっしゃいます。

藤原美智子さんのメイクは、作り上げるものではなく、その人が持っている美しさを引き出すメイク...
又、メイクの美しさのみならず、藤原さんの凛としたそのお姿に、心を奪われた女性は多いかと。
もちろん、私もその一人です。

数年前からは「ライフスタイルデザイナー」として、食や健康、装い、暮らし、生き方などライフスタイル全般を提案されていらっしゃいます。
著書も多数。
b0198721_16360959.jpg

お庭で作った野菜やハーブをお料理したり、ヨガやピラティスで身体と向き合ったり...
暮らしを愉しまれている様子はインスタグラムで毎朝ご紹介されていらっしゃいます。
その暮らし方ぶりは、私たちが忘れていたものを思い出させてくれるようでもあります。

著書やインスタグラムを通して...

「美とは目に見えるものだけではない」

藤原さんの内からなる美しさは、表面的には分かっているつもりでいたことを、しっかりと優しく...私の心に落とし込んで下さいました。

あああ、藤原美智子さんの生き方をお聞きしたい。

無謀とも思える私の思いは、インスタグラムでの交流を通し、今回、トークイベントとして実りました。

ちっぽけな私の大きな夢に真正面から向き合って下さった藤原美智子さん...
感謝の気持ちでいっぱいです。

藤原美智子さんのしなやかで美しい生き方から、私たちが気づくものが何なのか...
まっさらな気持ちでお聞きしていきたいと思っています。

愛おしく美しい人生をてのひらに…
未来の私への第一歩をここから始めましょう。

どうぞ、皆さま、お楽しみに!

申込受付は7月9日(土)9時スタートです!(詳細、申込方法はこちら⇒

皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-06-15 18:41 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)

【「しなやかに極める』第一部 大島衣恵さん】

b0198721_15355798.jpg


『「しなやかに極める』第一部 大島衣恵さん』

10月2日(日)開催。
トークイベント『しなやかに極める~美しい人生のつくり方』。
詳細、申込方法はこちら ⇒

第一部のゲストは、能楽シテ方喜多流の大島衣恵さん。

b0198721_18154408.jpg


今回、トークイベントの会場の喜多流大島能楽堂は、衣恵さんのご実家でもあります。

衣恵さんは、福山市を拠点に、能楽の演能はもちろん、多くの方に能楽を知っていただくための普及活動にも努めていらっしゃいます。

先日も、6月19日能楽堂で公演れる「西行桜」と「小鍛冶(白頭)」の解説を聞く「能友の夕べ」が開催されました。
b0198721_19101646.jpg

引き込まれるような衣恵さんの解説に、能楽がぐっと身近に感じられる時間でした。

守ることは挑み続けること...

大島衣恵さんは、能楽シテ方喜多流、初の女性能楽師です。
能だけでなく、茶道もそうですが、伝統芸能というものは、もともと男性世界のもの。

伝統に女性が挑むことは、並大抵のことではありません。

衣恵さんの努力はもちろん、支えているご家族、そして、初めてのことを受け入れられた喜多流の寛容さ...。

実は、衣恵さんとは、プロとして歩み始める頃からの友達。

能楽師として活動される様子を傍で見続けながら、女性として...プロとして...衣恵さんが歩んでこられた道のりを辿るイベントができたらと思っていました。

トークイベント、第一部では、大島衣恵さんの伝統を守り、そして挑み続ける力の源に迫ります。

能楽という枠を超えて、私たちに繋がるものがあるのではないかと...
そう信じてなりません。

愛おしく美しい人生をてのひらに...

未来の私への第一歩をここから始めましょう。

どうぞ、皆さま、お楽しみに!

申込受付は7月9日(土)9時スタートです!(詳細、申込方法はこちら⇒


皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2016-06-13 19:14 |   -ゲストについて | Trackback | Comments(0)


■橋本裕子 片づけコンダクター/ライフオーガナイザー® パーソナル片づけレッスン、自宅講座、執筆などを通して「暮らしに寄り添う片づけ方」を提案しています。


by 暮らしのはこ

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「暮らしのはこ」

■ ホームページ

■ 講座、講演会などのお問合せはこちら
(お問合せメールフォーム)にお願いします。


------------------------

カテゴリ

全体
【プロフィール】
  -「暮らしのはこ」とは
  -ごあいさつ
【講座について】
  -パーソナル片づけレッスン
  -時間講座
  -利き脳講座
  -特別講座
  -その他講座
【イベント、セミナー】
【トークイベント】
  -ゲストについて
  -詳細・申込について
  -イベントへの思い
【出張お片付け】
  -お客様実例
【収納・インテリア】
  -キッチン
  -リビング・ダイニング
  -クローゼット
  -廊下収納
  -玄関収納
  -洗面・トイレ・風呂
  -寝室
  -子供の物
  -その他
【暮らしの・ファッション】
【暮らしの・つぶやき】
【暮らしの・出来事】
【暮らしの・時間】
【暮らしの・道具】
【暮らしの・手入れ】
【暮らしの・味】
【暮らしの・学び】
【暮らしの・本】
【暮らしの・絆】
未分類

ライフログ

掲載雑誌

暮らしのおへそ vol.25 (私のカントリー別冊)


わが家のお金を、整える (私のカントリー別冊 暮らしのおへそ実用シリーズ)


暮らしのまんなか vol.24 「自分らしさ」が暮らしのまんなか (CHIKYU-MARU MOOK 別冊天然生活)


100%リアルキッチン ライフオーガナイザーによる心地よい人生を送るための暮らし方


ESSE(エッセ) 2015年 07月号


CHANTO(ちゃんと) 2015年 03 月号

以前の記事

2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(92)
(90)
(26)
(24)
(23)
(23)
(23)
(16)
(14)
(13)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし