<   2017年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

【紙袋は準備中(その②)】

b0198721_17432899.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【紙袋は準備中(その②)】


「いつか使うかも」
「何かに使えるかも」

そんな、「なんとなく」で残してしまいがちなもののひとつが『紙袋』。

前回、なんとなく…の未来ではなく、過去に使った事例を参考にした小さい紙袋収納についてご紹介を。
(前回のblogはこちら → 【紙袋は準備中(その①)】 )

さて、今回は『大きい紙袋』について。

大きい紙袋の置き場所は、玄関の収納棚。

小さい紙袋同様に、過去の事例(どんな使い方をしてきたか)を考えると、一時的にモノを運ぶことが多い。

靴の時もあれば、子どもの工作だったり…

どれも、多く発生はしていなくて、一時的なことばかり。

カバンに入れるには大きかったり、汚れが気になったりするモノたち。

場合によっては持って行った先で紙袋を捨てることもある。

いわば、カバンの補助的な存在。

色んな使用シーンはあるけれど、どれも出かける時に紙袋に入れる。

だから置き場所は、使いやすい玄関に近いところに。

さてさてこの度は、そんな「大きな紙袋」の乱れが気になったので片づけを。

乱れた状態...汗
b0198721_17331447.jpg


私の紙袋の片づけステップ。

①全て出す。
b0198721_17333364.jpg

②サイズで分ける。
(だいたい、5つくらいのサイズに分けられる)
b0198721_17335306.jpg

③要る、要らないの選別。
b0198721_17361622.jpg

④要る(残す)紙袋を収納。
b0198721_17343698.jpg

スッキリしました。


さて、③の選別でのマイルール

≪枚数≫

★〇枚という数字の管理は苦手だから、「この袋に入るだけ」の空間の管理。

「ここに入るだけ」という空間の管理は、基準としては取り入れやすいけれども、油断をすると乱れやすいという弱点がある。

だから、ちょくちょく気にかける必要がある。

最初から「〇枚まで」と数字の基準を持っておく方が、管理は易しいかもしれません。

しかし、ハッキリ数字で管理するのは、今の私には正直不安。

後の手間はかかるけれども、紙袋は「空間の管理」の選択を。

≪取っておかない紙袋≫

★底のマチが狭いもの横に大きいもの。
(洋服購入時の紙袋に多い。マチが狭いとモノがあまり入らない)横に大きいと持ち運びに不便。)
★横に大きいもの。
(洋服購入時の紙袋に多い。横に大きいと持ち運びに不便。)
★柄やロゴの主張が強いものは残さない。
(なんだかちょっと気恥ずかしいから。)

私の場合、ハイブランドの紙袋や、可愛い柄の紙袋は、「使うのがもったいない」が心の中で起きやすい。

そうなると、いつまでたっても家の中に居続けてしまう。

逆に、無地や、地味な紙袋の方が、気軽にどんどん使えて消費できている。

≪特別ルール≫

★残さないになった紙袋で、仮収納用品として使えそうなものは3枚まで残してOK。

以上が、我が家の紙袋収納について。

おまけですが、クローゼットには巾着タイプの袋を収納。
b0198721_17350010.jpg

b0198721_17352089.jpg

こちらは旅行やスポーツなど、洋服を入れて行く時に使っている。


2回に分けてお届けした、わが家の紙袋収納。

それは、今までの暮らしの足跡を振り返りながら見つけ出したマイルールによるもの。

だからこの先、新しい事例が出てくることもある。

もちろん今は、どんな事が起きるかは分からないけれど…

分かっているのは、事例が出てきても「なんとかなる」だ。笑

手持ちの紙袋で工夫するか、どうしてもなら100円ショップに駆け込もう。

要る、要らないで悩む原因のひとつには、「もし必要になったら」の不安な気持ちも大きい。

だからこそ、「なんとかなる」という落としどころを見つけておけば不安も和らぐ。

そして、その「なんとかなる」をクリアした後に、マイルールの見直しが必要だったらすればいい。

又、過去の事例がまた起きるとは限らないから、とらわれ過ぎず、時折こうして見直しを。

たかが紙袋。
されど紙袋。

あなたは家に残している紙袋に、どんな未来の準備をしていますか?

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 


by naoyan2005 | 2017-06-30 21:17 |   -その他 | Trackback | Comments(0)

【紙袋は準備中(その①)】

b0198721_17432899.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【紙袋は準備中(その1)】


片づけは未来への準備。

講座やblogでもよくお伝えしている言葉。

その「未来への準備」が、少々…いやいや、かなり雑になっていた場所があり、これはいかんと片づけを。

場所は「紙袋収納」。

どれくらい雑になっていたかといいますと、これくらい。汗
b0198721_17331447.jpg

なかなか盛り上がっていますね。笑

わが家の紙袋収納は、使う目的、サイズによって置き場所が違います。

小さいサイズはキッチン。
大きいサイズは玄関収納。

今回、雑になっていた写真は、大きいサイズの紙袋収納。

片づけしたのをきっかけに、我が家の紙袋収納について2回に分けてblogでお届けします。

紙袋を家の中で持つ理由。

それは使う時があるから。

「いつか使うかも」
「何かに使えるかも」

そんな、なんとなくの理由で取ってはいませんか?

私は、なんとなくの未来を考えて残すのではなく、過去に使った事例を思い出して紙袋を残しています。

まずは『小さいサイズの紙袋』から。

小さいサイズの紙袋を使った事例としては、「おかずのお裾分け」「お菓子のお裾分け」「果物のお裾分け」…

キッチンにある、ちょっとしたモノを入れて渡したこと。

これは、過去も現在もよくある場面。

ということは、これからの近い未来にもおきる可能性が大きいということ。

だから小さいサイズの紙袋はキッチンに置いて、未来への準備。

紙袋の収納用品は、息子が書道教室でもらった袋。
ちょうどのサイズ。
b0198721_17322535.jpg

袋に入れて、キッチンのスチールラック横に引っ掛けて。
b0198721_17323876.jpg

b0198721_17325652.jpg

隙間にスッキリ収まっています。

さて、小さな紙袋のマイルール。

≪袋の枚数≫
★〇枚という数字の管理は苦手だから、「この袋に入るだけ」の空間の管理。

≪取っておかない紙袋≫
★底のマチが狭いのは取っておかない。
(化粧品の紙袋によくあるかな。理由は使いにくいから。)
★シワやくたびれ感が強いものは残さない。
(お裾分けとして渡すのに、ヨレヨレは嫌だから。)
★柄やロゴの主張が強いものは残さない。
(なんだかちょっと気恥ずかしいから。)

そうそう、同じように小さい紙袋をキッチンに置いている方には、このような未来もありました。
「資源ゴミを入れるのに使うため」

なるほど、なるほど。

暮らしそれぞれで未来も違う。

どんな未来があるかなんて、予測不能ではあるけれど、過去を振り返ってみれば予測できることもある。

「いつか使うかも」
「何かに使えるかも」

そんなぼやけた未来でも、ほんの少し具体的にみてみたら、何が必要で、どこに置いたらいいのかが見つけられるのではないだろうか。

お裾分けという愉しみのために...
我が家の小さな紙袋たちは、今か今かと準備中です。


いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2017-06-28 21:37 |   -その他 | Trackback | Comments(0)

【利き脳セミナーって何?】

b0198721_14202967.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【利き脳セミナーって何?】

広島駅前に今年の4月にオープンした『エディオン蔦屋家電』。

1階は「自分を磨く」フロア、2階は「趣味を深める」フロア、3階は「暮らしを楽しむ」フロア。
b0198721_14214532.jpg

それぞれの階に家電と書籍を融合させて、新しい発見に出合える空間になっています。
b0198721_14204790.jpg

そんなワンランクうえの暮らしを愉しむ「エディオン蔦屋家電」にて、昨日、利き脳セミナーを開催しました。

タイトルは「私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~」です。
b0198721_14212678.jpg

11名の方が受講して下さいました。
貴重な休日に、ありがとうございました。

「暮らしのはこ」がお届けしている『利き脳』は、一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会による「利き脳」をもとにしています。

「モノを探す時」「モノを戻す時」、右脳・左脳どちらを優位に使っているかで、4つのタイプに分けられます。

その4つのタイプそれぞれに、片づけの特徴があるというものです。

さてこの「利き脳」。

「そんな、人のタイプが4つだけだなんて」
「こうしなさいの収納で上手くいくわけがない」

などなど、耳にすることが正直あります。

耳にするたびに、「ううううん、残念…」
なんとも言えない気持ちに。

なぜって、「利き脳」の在り方が伝わっていないと思うから。

*ここからは、私が思う「利き脳」についてです*

利き脳は、「あなたは右右脳タイプです。だからこのような収納をしなさい」というものではありません。

ましてや、占いのように「当たる」「当たらない」を目的にしている訳ではありません。

「利き脳」は、自分との…そして家族との「コミュニケーションツール」だと私は思っています。

コミュニケーションツール?

そう、「片づけ」は「コミュニケーション」だと思っているから。

利き脳という、脳の働き・脳のクセを知ることで、自分や家族にとっての、片づけで苦手な傾向、行動しがちなことに目を向けるようになります。
向き合うように自然となります。

そうすると...

今まで、自分や家族は「できない」と思っていた片づけが、実は、合っていなかっただけだと気づけるように。

「どうしてできないの!」という今まで抱いていた怒りは、「合う方法は何だろう?」という前向きな思いに変化していきます。

家族でする片づけの話といえば…

「なんで戻してくれないの?」
「どうして散らかすの?」
「片づけなさいよ」

こんな会話、していませんか?

それが、利き脳を知り、人それぞれ特性があると気づけると…

「見える収納だったら戻せそう?」
「ザックリ収納だったら戻せるかも」
「ラベルを付けると分かりやすいよね」

家族との会話が生まれ、突発的な感情ではなく、自分や家族の苦手なところ、得意なところを意識した会話が生まれてくるのです。

本当に~~~?!

と疑問に思われる方は、是非、利き脳セミナーを受講してみてくださいね。笑

片づけは…

絡まり固まっている「思い込みの糸」を、まずは解いていくところから始まります。

解けることで、今まで見えていなかった景色が見えてきます。
ココロに余裕が生まれます。

思い込みの糸を解くためには、「気づき」を得ることです。

その「気づき」のきっかけ、片づけに対する視点の変化を与えてくれるのが「利き脳」。

それが本来の「利き脳」の役割だと思っています。

今回、受講して下さった方からこのようなメールが届きました。

「セミナー後、買い物をしていた家族と合流して、利き脳の話で盛り上がりました。これから実践してみます!」

まさに、片づけが家族とのコミュニケーションになっていますよね。

利き脳セミナーを開催すればするほど楽しくなっていく私。
それはこんなふうに、絡まり固まった思い込みの糸が、ふわりと解ける瞬間に何度も出合えているからかもしれません。

これからも、利き脳セミナーで思い込みの糸が解ける瞬間に立ち会うことができたら幸せです。

「暮らしのはこ」の利き脳セミナーへのお問合せはこちらから → 【問合せ】

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2017-06-26 16:00 |   -利き脳講座 | Trackback | Comments(0)

【暮らしのリセット:維持】

b0198721_12061100.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【暮らしのリセット:維持】

先週、パーソナル片づけレッスンを受講されたB様のお宅を訪問しました。

パーソナル片づけレッスンは全7回。
7~9ヵ月くらいかけてレッスンをします。

長いようですが、それでも実は短い期間。
なぜなら、整った後の「維持」が一番難しいからです。

昨年11月に全7回を終了されたB様。

半年近くたった4月頃、

「あれから片づけが進まないんですー。大変なことになってますー。」

そんな連絡を頂きました。

お互いの都合がついた先週、やっと訪問することができました。

「どれどれ、どんな状態でしょうか…」

そんな私の思いとは裏腹に、玄関の扉が開くやいなや

「片づきました~」

B様の弾む声。

部屋のへ進むと、半年前よりモノは減り、小さいお子さんがいらっしゃるにもかかわらずとてもスッキリ。

進んでいないと言われていましたが、実は、日々の生活の中で不要なモノを少しずつ手放されていました。

モノの住所も乱れていなくて、「これをどうしたらいいのか?」という悩みもありませんでした。

ただ、「これは出ててもいいんですかねぇ?」と、ダイニングテーブル横のカウンター上に置いてある文房具収納やご主人の薬収納を気にされていました。

あははは、なるほど。笑

維持するうえで悩んでいたのは、

「片づけのきっかけ」が作れなかったこと
「一般的な正解」を求めていたこと

それらが悩みになっていたんですね。

ではここから、B様へ。
(すでにお伝えしていますが、blogでも)

まずは、「片づけのきっかけ」

来客というのは、片づけのきっかけとしてはとても大きい。
しかし、そうそう来客があっても、それはそれで困ることも。

平凡な日常の中に、ちょっとしたきっかけを自分で作れるようになりたいものです。

*何時にこの片づけをする…時間設定。
*○○をする前(後)に片づけをする…状況設定。
*家の中を移動する時についでの片づけ…無意識設定。
*詳細にどんな片づけをするかを書き出す…意識設定。
*ここまで乱れるのはOK。最低限ここまでは整える…許容設定。


などなど。

私自身、いろいろな「きっかけの設定」を試してみながら暮らしています。

特に、許容設定。

「ここまで」の設定をオーバーした後の大変さたるや…
何度も痛い目にあってきているから、「これ以上はやばいぞ」と察知できるようになっています。

家の中の空気の流れが滞っているのも気づけるようになりました。

片づけは…自分自身を知る作業のようなもの。

何が好きで、何が嫌いで、どうしたら機嫌が良くなるのか悪くなるのか。

まだまだ新しい自分に出合えるはずです。

そう思って、どうぞ楽しんでみて下さい。


さてさて次に、「一般的な正解」

「自分の暮らしを優先に」とお伝えしながら片づけレッスンをしてきましたが、なかなか体の中に浸透していくのは難しいものです。

「これでいいんだ!」と自分にOKを出せるようになるには、人それぞれスピードも違います。

私だって、いまだに他人の暮らしと比べてしまうことも。

比べるのか、参考にするのかは、やはり心のもちようかもしれません。

そして何より、「何を優先させたいのか」という気持ちを忘れない事。

家族の暮らしやすさを考えたら、出しっぱなしの収納の方がいい場合もあります。

気になるならば、来客の時に、そっと仕舞えるスペースを近くに作っておくのもいいでしょう。

わが家は「すぐ処理をする書類」をバインダーに挟んでテーブル横に置いていますが、来客の時は移動させていますよ。(こちらのblog →  )

大丈夫、大丈夫!

B様、これからも時々訪問してますので、どうぞ安心して下さいね。


あ、そうそう、私のきっかけ設定。

一人で楽しむお茶時間もきっかけです。
このお茶時間を目指して片づけをすることも。笑
b0198721_12064132.jpg


日々の片づけは、

自分で自分の機嫌を良くしてみたり
自分で自分のお尻をたたいてみたり

アメとムチの繰り返し。

そのうち、それも必要なくて、無意識にできるようになるのかな?

いやいや、それでも「自分を褒める」ことだけは意識的にしてあげたい。
可愛い私に。笑

みなさんの片づけのきっかけは、どんなきっかけですか?


いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~』
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
      広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 

『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2017-06-21 12:16 |   -パーソナル片づけレッスン | Trackback | Comments(0)

【暮らしのリセット:紙モノ】

b0198721_16055203.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【暮らしのリセット:紙モノ】

今週はリセット週間。

片づけ&掃除を放棄していた後片づけに追われています。汗

リセットの中でも面倒くさいのが「紙モノ」

学校からのお便り、町内会からの案内、DMなど
いつの間に湧き出てきたのか?っと思うほど、
あっという間に溜まります。

部屋のあちらこちらに紙の山ができていませんか?

カバンの中に入れたままの書類やDMはありませんか?

大切なお知らせが行方不明になっていませんか?

ああああ、胸が痛い…。汗

痛みが酷くならないうちにと、紙モノの片づけをしました。

家に入ってきた紙モノは、次の1~4に仕分けをしています。

1.手続き、提出など「処理」が必要
2.「期限のある」お知らせ(学校や町内会の行事、利用したいお店のDM)
3.保管
4.不要


かき集めた紙モノをまずは仕分け。
b0198721_19260650.jpg

仕分けができたら、それぞれを住所へ移動。

以前、blogに書きましたが、
リビングの収納棚の片づけをした際、
この棚を家族の情報ステーションにしたかった私。

紙モノを一か所に…と理想はあったものの、実際はそうならなかった。

わが家の紙モノの住所はこちら。

『1.処理が必要な書類』

バインダーに挟んで、ダイニングテーブル横のワゴン上に。
見えないと忘れるタイプなので、すぐ近くに置く。
書く作業も取り掛かりやすい。
b0198721_17251048.jpg

来客がある時は、バインダーごとリビング収納棚のオープンスペースにそっと移動。
b0198721_17252791.jpg

今回は、子ども手当の申請書類、そして、出すモノがあるクリーニングのDMとバザーのお知らせもバインダーに挟みました。


『2.期限のあるお知らせ』

確定ではないものの、利用したい、行こうかなぁと思っているDMは、リビング収納棚の「一時保管」の引き出しに収納。
b0198721_17242661.jpg

見えないと忘れる性格。
忘れて利用しなかったら、それまでの思いだったのね…ということ。

忘れてはいけない行事(参観日や町内会の行事など)のお知らせは、冷蔵庫の扉に貼る。
とにかく、すぐ目につく場所に。
b0198721_17233213.jpg

行事が終わればすぐに破棄。

学校の月行事と給食表は、家族全員の予定が書いてあるカレンダーに貼っている。
その月が終われば破棄。
b0198721_19402125.jpg


『3.保管』

リビング収納棚が住所。
それぞれのファイルボックスに収納。
b0198721_17244412.jpg

今回あったのは、自転車の保証書、思い出(運動会のプログラム)、電気料金明細、水道料金明細など

子どものテスト。
わが家は白い紙のテストだけ1年保管しています。
子どもが見返すことはないけれど、時々私がチェックするため。

子どものテストを保管するかどうかは、先生の授業のやり方(テストを持ってくるように言われる場合もある)、受験するかどうかによっても違うと思うので、破棄するか保管するかを決めて下さいね。

保管しておきたい学校からのお便りや子ども会、町内会の書類は、キッチンカウンターの上が住所。
b0198721_17234994.jpg

これらは比較的よく見る書類なので、すぐ手に取れる場所に。

テイクアウトできるお店のチラシもここに収納。
(疲れて手抜きしたい時用に)
b0198721_17240387.jpg


『4..不要』

家に入ってきた時点で、不要かどうかを見極めてすぐ破棄するのがベスト。
(溜まっちゃったけどね…汗)

不要な書類を袋やケースに入れて、後日まとめて破棄するやり方は私には合わない。

根っからのズボラだから、溜まっているのを見て見ぬふりをしたり、はたまた存在を忘れてしまうことになる可能性が大。
ずっと不要な書類が家の中から出ていかないと思われる。

だからこそ、その都度その都度、こまめに破棄するように心がけている。
(溜まっちゃったけどね…汗)


以上が我が家の主な紙モノの片づけ。

一か所集中の収納を目指した時もあったけれど、何せ「見えないと忘れる」という苦手がある私。
いやいや、家族全員がそうです。

紙モノは情報。

情報が自分の暮らしにとってどんな存在かは、その人それぞれの判断。

仕分けも人それぞれになる。

それでも共通することは、「必要な情報を忘れないためには?」という問いかけ。

わが家の場合、その問いかけを自分の中でした時に、生活の流れに合わせた置き場所が忘れにくいことに気がづいた。

家のどの場所で、どの情報を見るのか。

情報を活かせる暮らしを...私もまだまだ修行中です。

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~』
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
      広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 

『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2017-06-15 19:51 |   -その他 | Trackback | Comments(0)

【暮らしのリセットは玄関から】

b0198721_17114756.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【暮らしのリセットは玄関から】

土曜日曜と、息子のサッカー応援で朝早くから夜までヘトヘトになりながらも、昨日は東京へ日帰りで行くという…

なんともハードな3日間。

やった家事は、お弁当作り、洗濯と食器洗いくらいかな。汗

片づけ掃除は後回し。

ま、そんなものです。(開き直っていいものか?)

この仕事をしていると、年がら年中、家の中をピシッと整えているかと思われるが...そうではない。

あたふたと暮らしているのが現状。
ヨレヨレしています。はい

さてさて、そんなヨレヨレさん。
今日は3日間のヨレヨレを少しずつリセット。

たいてい私がまず初めに整えるのは『玄関』。
今日も玄関から始まりました。

家の入口と出口である玄関。
不思議とここから整えたくなるのです。

わが家の玄関は、息子のサッカー道具に
b0198721_17104883.jpg

靴のちょい置き
b0198721_17111254.jpg

靴ベラ
b0198721_17121868.jpg

家族の使いやすさを最優先して「見える収納」。

さらに、花器や花を飾るのが好きだから、あれやこれやとモノが多い。

ちょっと靴を下駄箱に戻さず出しっぱなしにしてしまうと、かなり散らかった状態になってしまいます。

息子がサッカー道具の片づけを玄関でするので、砂や汚れも多く出ます。

靴を下駄箱に戻し、サッカー道具を整えて、箒で掃いて、雑巾で拭く。

目立つ汚れにはアルカリ電解水をシュッシュ。
b0198721_17113442.jpg

こうして玄関のリセットは終了。
b0198721_17120575.jpg

表に何も出ていない玄関もスッキリしていて良いけれど、
それは、わが家の今の暮らしには向いていない。

ちょっと暮らしが息苦しくなってしまう。

ほどほどに、ほどほどに。

いつもの玄関に戻ったら…

玄関にある道具たちが、ちょっと微笑んでいるような
そんな気分になりました。

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
***********************************
『私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~』
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
      広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 

『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。
【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 

by naoyan2005 | 2017-06-13 17:24 |   -玄関収納 | Trackback | Comments(0)

【雑誌掲載とセミナーのご案内】

b0198721_22382401.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【雑誌掲載とセミナーのご案内】

「暮らしのはこ」の雑誌掲載とセミナー開催のお知らせです。

★雑誌掲載のお知らせ

暮らしのおへそ別冊『わが家のお金を、整える』(主婦と生活社)に私の記事が掲載されています。

「主婦が好きなことでお金を稼ぐ」というコラムページです。
b0198721_22384767.jpg

取材の依頼を最初聞いた時は、私よりも稼げている方がいるのに…
私なんかが掲載されても参考にならないのではないか…

と、疑問と不安がありましたが…

これから好きを仕事にしようと思われている方に、試行錯誤した経緯や失敗談も参考になるのではないかとお引き受けしました。

今の等身大の私が載っています。

本には…

稲垣えみ子さん、桐島洋子さん、後藤由紀子さん、大草直子さん などなど
そうそうたる顔ぶれが。

なにより嬉しかったのは、
大大大好きな随筆家・山本ふみこさんも掲載されているということ。

同じ本に載せていただけたなんて幸せです。

是非、書店にて手にして下さい。


★講座のお知らせ:その①

セミナー『私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~』

広島駅前に今年の4月にオープンした「エディオン蔦屋家電」さんにて、片づけセミナーを開催します。
b0198721_22372846.jpg

収納本を読んでも片づけができない...
すぐリバウンドしてしまう...

そんな片づけの悩みはありませんか?

自分の利き脳(脳のクセ)を知り、自分や家族に合った片づけのヒントを手にするセミナーです。

【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
      広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 


★講座のお知らせ:その②

自宅講座『片づけ体幹トレーニング(片づけ体験会)』
b0198721_16304717.jpg

パーソナル片づけレッスンに取り入れている、「片づけ体幹トレーニング」の体験講座です。

モノへの価値観、グループ作りのワークを通して片づけの体幹を整えましょう。

【開催日時】7月7日(金)10:00~11:30
【開催場所】講師自宅(広島県福山市)
       *お申込み後、詳細をご連絡いたします
    *駐車場有
【料金】3,500円(税込)
【定員】4名

お申込みはこちら → 申込フォーム

★自宅講座のお知らせ:その③


しっかりと「片づけ力」「片づけの筋力」を身に着けたい方ににおススメ!
『私の未来へ!パーソナル片づけレッスン』

【レッスン】全7回(月1回)*受講生と相談*平日のみ
【場所】講師自宅(福山市内)、受講生自宅
【受講料】45,000円(税込み:一括前納 銀行振込)
    (先着5名様(残3名)、モニター価格:38,000円)
詳細はこちら→ 
お申込みはこちら → 


片づけの一歩を「暮らしのはこ」と一緒に始めませんか?

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村

by naoyan2005 | 2017-06-11 23:06 | 【イベント、セミナー】 | Trackback | Comments(0)

【片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザー:セミナーその2】

b0198721_00295867.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザー:セミナーその2】


チャリティイベントのセミナー
「いつでもどこでも私らしく~シンプルクローゼットの整え方~」

私がセミナーでお伝えした内容を簡単にご紹介します。

クローゼットの片づけが最も苦手だった私。

いろいろな片づけ本に書かれてある「各アイテムの枚数を数える」という片づけの入り口から一歩を踏み出そうとするけれども、何度も何度も挫折を繰り返してきました。

なぜ挫折をしたのか?

それは、一枚一枚手にするたびに自分のダメなところを1つ1つ確認する作業のようで辛かったから。

ライフオーガナイザーの資格を取得して、「人それぞれ価値観がある」「片づけの方法はひとつではない」ということを学びました。

そして、今まで私は「自分の苦手を克服しようとたたかっていたのだ」と気づいたのです。

だから辛かったのだ
だから踏み出せなかったのだ

気づいたことで私はこう思うようになりました

「自分の苦手を克服するのではなく、付き合ってみよう」

私がクローゼットの片づけの一歩を踏み出せたのは、この「視点の変化」でした。

クローゼットには2つのポイントがあります。

収納と洋服です。

収納の視点の変化:「苦手を味方にする」

数の管理が苦手ならば、空間の管理をする。

見えないと忘れるならば、見える範囲を絞る。

オンシーズンのスカートはハーフカバーの「見える収納」。
オフシーズンのスカートはフルカバーの「見えない収納」。
b0198721_16542010.jpg

全てのスカートから選ぶよりも、今の季節のスカートの中から選ぶ方が選びやすい。

オフシーズンのスカートは忘れてもOK。

この内容については、blogに綴っていますのでこちらをご覧下さい

【服を数えたくありません】(2014年11月29日)

【苦手を活かして】(2015年2月11日)

【春に向けて、何を着たらいいの?】(2016年2月20日)

【迷わない方法:日々の洋服】(2017年2月24日)



洋服の視点の変化:「制服にする」

全ての洋服を制服化するのではなく、生活シーンの一部を制服化するもの。

なぜ、そうしたのか…

片づけが苦手だった頃の私は、いろいろなテイストの洋服を持っていました。

レースやフリルのついたフェミニンな洋服、森ガールの洋服、キャリアウーマン系の洋服、多国籍のフォークロア系の洋服…などなど

なぜそんなにテイストがバラバラだったのか?

それは、そのテイストを着こなすおしゃれな人を見ると、「私もそうなりたい」と思って買ってしまっていたから。マネをしていたのです。

そして、「どのテイストも好き、だけど統一することができない」と、テイストの違う服をどんどん増やしていました。
これではコーディネートも難しくなりますよね。

「私には何がいいのだろうか…統一しなくてはいけない。」と悩んでいました。

そんな私が視点を変えた時…

生活シーンの7~8割を占めている洋服のテイストを統一させようとしていた。
それはとても高いハードルをクリアしようとしていたことだと気づいたのです。

ならばハードルを下げて、私にとって最も「迷いたくない、悩みたくない」生活シーンである、「仕事(講師の時)」と「スポーツ観戦(息子のサッカー応援)」の洋服を制服化しようと思ったのです。

「仕事」は「どう見られたいか」がとても高い生活シーン。

どう見られたいか…を考えた時、
「そうだ、私はどう在りたいのか」を大切にしたいのだと思いました。

私を通して、片づけを身近に感じ、取り掛かりやすくなるような、そんな装いをしたいと。

仕事の制服はこちら
b0198721_1884174.jpg

b0198721_1842355.jpg


スポーツ観戦では「どう見られたいか」がとても低い生活シーン。
どう見られたいか…よりも、「機能性を優先したい」私がいました。

スポーツ観戦の制服はこちら

春夏は日焼け防止を優先。
b0198721_15401883.jpg

秋冬は防寒を優先。
b0198721_15393011.jpg


制服化については、こちらのblogをご覧下さい。
【片づけは暮しの一部だから】(2015年12月7日)

【迷わない方法:制服化】(2017年2月11日)

生活シーンの一部を「どう在りたいのか?」「何を大切にしたいのか?」とガッツリと自問自答した経験は、7~8割の生活シーンにも広がっていきました。
少しずつ洋服のテイストが整っていったのです。

「すっきりと、こざっぱりとした雰囲気にしたい」
「違和感を大切にしたい」

そう思えるようになり、フリルやレースがたっぷりの洋服や、違和感があった丸首の洋服が減っていきました。


このように、クローゼットの片づけが苦手だった私は「視点を変える」という入口から一歩を踏み出すことができました。

踏み出した一歩によって、

「自分の苦手が味方になる」ということに気づけました。

「どうなりたいか?」と考えるよりも、「どう在りたいか?」と考える方が洋服を選びやすいことに気づけました。

私が思う「シンプルクローゼット」とは、ただ洋服の枚数が少なく整っているということではなく、自分の特性を活かした自分らしいクローゼット。

そのままの自分が居る場所だと。


クローゼットの片づけの入り口は、人それぞれです。

ファッションからの一歩が進みやすい人もいれば、枚数を数える一歩からの人もいるでしょう。
ある人は言葉かもしれません。

他の部屋との片づけとは違う、クローゼットならではの入り口がたくさんあります。

クローゼットオーガナイザーの仕事は、お客様のクローゼットの片づけの入り口を一緒に見つけるお手伝いと、踏み出された道に寄り添うこと。

私はクローゼットオーガナイザーの資格を持っています。

しかし「クローゼットオーガナイザー=おしゃれを前提とした片づけ」というイメージがあり、ずっとモヤモヤした思いを抱いていました。

しかし今回、クローゼットのセミナーをすることで、自分自身の片づけの一歩を振り返り、何度も何度もクローゼットで洋服を手に触れてみて…

「クローゼットオーガナイザーはおしゃれに強いクローゼットオーガナイザーだけではない」ということを私はきちんと発信していただろうか?

おしゃれに特化したクローゼットオーガナイザーがいるように、じゃあ、私は何に特化したクローゼットオーガナイザーなのか?

そんな思いが溢れてきました。

そして、セミナーを作り上げた頃…

「私はその人その人の苦手に寄り添い、苦手(特性)を活かせるクローゼットオーガナイザーなんだ。」

そう思えるようになったのです。

これからはクローゼットオーガナイザーの資格も持っていますとお伝えできるように...

自分にできることは、自分が経験してきたこと。

私は...
視点を変えて片づけの苦手を味方にするクローゼットオーガナイザーです!

そう大きな声で言えるような…

大きな大きな気づきを得られたセミナーでした。
(まだまだ頑張らないといけないことが多いけれどね)

イベントにお越し下さった皆様、
そして、支えてくれた西中国チャプターの皆さん、

沢山の気づきをありがとうございました。

これからも少しずつ少しずつと小さな歩みではありますが、
頑張っていこうと強く強く思いました。

これからもチャリティイベントをどうぞ宜しくお願いいたします!


いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
****************************
「私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~」
収納本を読んでも片づけができない...すぐリバウンドしてしまう...
そんな片づけの悩みはありませんか?自分の利き脳(脳のクセ)を知り、自分や家族に合った片づけのヒントを手にする講座です。
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 
by naoyan2005 | 2017-06-11 00:59 | 【イベント、セミナー】 | Trackback | Comments(0)

【自分を確認していく時間とクローゼットセミナーその1】

b0198721_13040405.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【自分を確認していく時間とクローゼットセミナーその1】


6月4日(日)
2017チャリティイベントin広島

セミナーを聞いている間の私は、主催者側ではあるものの、一人の参加者として会場の空間に身を置いていたように思います。

人は一人きりでは自分を確認することはできない。
自分ではない誰かがいるからこそ、自分の存在を知ることができる。

私にとって、今回のチャリティイベントは、いつも心の中にあるこの思いを再確認するようなイベントでした。


マスターライフオーガナイザーの井手本亜希さんのセミナー
「~ライフオーガナイズではじめる~未来のために、まずここから」

b0198721_13042024.jpg

ご自身の片づけが苦手だった頃の思い。
ライフオーガナイザー®になったものの気負いが先にはしり、子どもとの片づけで躓いてしまった出来事。
ライフオーガナイザー®になる前に亡くなったお父様の最期の生き方が、まさにライフオーガナイズであったこと。

ライフオーガナイズと出合ったことでの、生き方や暮らし方、ココロの在り方の変化を…
井手本さんは明るく爽やかな笑顔で伝えてくれました。

「うんうん、分かるよ、私もそうだった」
「そうか、そんなことを考えていたんだ」
「こんな思いもあるのだ」

井手本さんという自分以外の人生に思いを重ねることで、

「私はこうだったな」
「私はどう考えていたのかな」
「私だったらどうしていただろうか」

はっと心の響く言葉のひとつひとつが、静かに「私」へと変換されていくのを感じました。

そんな思いになれたのは、きっと井手本さんが井手本さんそのままに、思いを伝えてくれたからこそだと。

暮らし方や生き方の振り返りの時間のような…

そんな温かい時間を過ごすことができました。


リユースマスター®の平田誠子さんのセミナー
「捨てない片づけ~リユースではじめの一歩~」

b0198721_13043869.jpg

今回、平田さんは体調不良のため、残念ながら当日登壇することができませんでした。
しかし、平田さんの思いを実行委員の下田智子さんが引き継ぎ、平田さんに代わってセミナー内容を発表することになりました。

平田さんのセミナーは、「リユースとは手放す方法のひとつ」としか思っていなかった私に、大きな大きな気づきをくれました。

「自分にとって要らないものも誰かの必要なもの」

手放す先にある景色に思いを馳せていたなかった自分に気づかせてくれました。

リユースの方法はいろいろです。

*知り合いに譲る
*リサイクルショップやネットオークション、アプリなどで売る
*寄付やバザーに出す などなど

方法はそれぞれ違うものの、手放した先には必ず景色があります。

それは、

欲しいと探していた誰かの笑顔かもしれません。
リユースで手にしたお金を暮らしの愉しみへ繋げることかもしれません。

「要らない」で終わるのではなく、その先を少し考えてみるだけで、自分自身が納得できる手放し方を私たちは手にすることができるのだと。

平田さんのセミナーを通して、暮らしのエリアがぐっと広がったような…

そんな大きな気づきを得ることができました。


さて、今回のイベント。
私自身も登壇者でした。

私がお届けしたのは、クローゼットの片づけについて。
「いつでもどこでも私らしく!シンプルクローゼットの整え方」というセミナーでした。

片づけが苦手でライフオーガナイザー®の勉強をした私にとって、もっとも片づけが出来なかったのがクローゼットでした。

ライフオーガナイズの手法を学び、家の中を整えて行く中でも、クローゼットは最後の最後にやっと整えられた場所でした。

最も苦手だったからこそ、クローゼットオーガナイザーを学び資格を取得しました。

しかし…
資格を取得したものの、クローゼットオーガナイザーという肩書を使うことはほとんどありませんでした。

それは、私の周りの人たち、そして私自身も、クローゼットオーガナイザーとは「ファッションに強い人」そんなイメージを持っていたからです。

骨格診断やパーソナルカラーを盛り込みながら、ファッションコーディネートをして、クローゼットを片づけていく。

そうではないと知りつつも、おしゃれ前提の片づけをする人が名乗っていい肩書だと感じていたのです。

今回、「クローゼットについてセミナーを…」と打診を受けた時、正直戸惑いました。
「できません」と断りを入れたほどでした。
ファッションを期待している人を裏切るのではないかと思ったからでした。

しかし、実行委員のみなさんから「おしゃれになることが前提ではないクローゼットの片づけが聞きたいんです」という言葉をもらい、

クローゼットオーガナイザーとしてではなく、
私が何に悩み、どんな片づけをしたかを伝えるセミナーならば…

と、お引き受けしたのでした。

あらあら、今日はかなり長いblogになってしまいましたね。

私のセミナーについて、続きはまた次回へと…

いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村
****************************
「私にちょうどのお片づけ~利き脳を味方にしよう~」
収納本を読んでも片づけができない...すぐリバウンドしてしまう...
そんな片づけの悩みはありませんか?自分の利き脳(脳のクセ)を知り、自分や家族に合った片づけのヒントを手にする講座です。
【開催日時】6月25日(日)13:00~15:00
【開催場所】エディオン蔦屋家電 広島(2Fイベントルーム)
広島市南区松原町3番1-1号 EKICITY HIROSHIMA
【料金】3,000円(税別)
【定員】30名
【申込】エディオン蔦屋家電 電話082-264-6511
(詳細はエディオン蔦屋家電広島のHP ➡ 
by naoyan2005 | 2017-06-08 13:18 | 【イベント、セミナー】 | Trackback | Comments(0)

【2017チャリティイベントin広島 感謝を込めて】

b0198721_00152229.jpg

片づけで人と暮らしの調和を導く...
『片づけコンダクター』橋本裕子(広島県福山市)
HPはこちら → 

【2017チャリティイベントin広島 感謝を込めて】


一年の中で気候のよい今の季節に片づけをしませんか?
ゆとりをもって人生や暮らしを見直す時間を作りませんか?
心地のいい住まいや快適な暮らし作りに取り組んでみませんか?

そんな思いで開催された、2017チャリティイベントin広島。
『 片づけ迷子のあなたに送る ~未来に繋ぐはじめの一歩~』

無事、6月4日に開催いたしました。

休日にも関わらず、多くの方にお越しいただくことができました。
ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。
感謝申し上げます。

頂いた参加費は、経費を差し引いた収益を全額寄付させていただきます。
今年は東日本大震災、熊本地震、鳥取中部地震の支援金としての寄付を予定しています。
(7月頃に、収支報告が日本ライフオーガナイザー協会のHPに掲載される予定です)

さて、チャリティイベントの様子ですが…
すでに詳しくアップされているこちらのblogを是非ご覧ください。

チャリティイベントin広島HP → 「【イベント終了】ご来場いただきありがとうございました」

副実行委員長の下田智子さん → 「チャリティイベント2017、終わりました!」

副実行委員長の花田美也子さん → 「チャリティイベントレポ2017~イリュージョンとの闘い~」

実行委員の南方佐知子さん → 「チャリティイベント終了しました」

今回一般参加してくれたLOの愛川美徳さん → 「チャリティイベントにて、私も1歩」


次々とイベントの様子がアップされていくblog記事を読みながら、お越し下さった方々、そしてイベント開催に向けてともに歩んできた仲間へのさらなる感謝の思いが、静かにゆっくりと…胸の中に染み入っていくのを感じています。

さて、今回私は、登壇者としてクローゼットの片づけについてお届けしました。

実はクローゼットオーガナイザーの資格取得後、伝えたいクローゼットの片づけについて、もやもやっとするものを心に抱えていた私。

そんな私が、今回のセミナーを担当し、私にとってのクローゼットの片づけは何なのかと、じっくり向き合ったことができた結果...

長年抱いていたモヤモヤをやっと手放すことができました。

どんな心の整理ができたのか...

次回blogでクローゼットの片づけセミナーについて、そして、クローゼットオーガナイザーとしての思いと共に綴ろうと思います。

引き続きお付き合い下さい。

b0198721_00153689.jpg


いつもクリックありがとうございます。
皆さまのクリックが励みになっています♪感謝♪

にほんブログ村


by naoyan2005 | 2017-06-07 00:41 | 【イベント、セミナー】 | Trackback | Comments(0)


■橋本裕子 片づけコンダクター/ライフオーガナイザー® パーソナル片づけレッスン、自宅講座、執筆などを通して「暮らしに寄り添う片づけ方」を提案しています。


by 暮らしのはこ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ タウン情報誌『wink』コラム「くらしのミカタ。」連載中

■ エキサイト公式プラチナブロガー

カテゴリ

全体
【プロフィール】
  -「暮らしのはこ」とは
  -ごあいさつ
【講座について】
  -パーソナル片づけレッスン
  -時間講座
  -利き脳講座
  -特別講座
  -その他講座
【イベント、セミナー】
【トークイベント】
  -ゲストについて
  -詳細・申込について
  -イベントへの思い
【出張お片付け】
  -お客様実例
【収納・インテリア】
  -キッチン
  -リビング・ダイニング
  -クローゼット
  -廊下収納
  -玄関収納
  -洗面・トイレ・風呂
  -寝室
  -子供の物
  -その他
【暮らしの・つぶやき】
【暮らしの・出来事】
【暮らしの・装い】
【暮らしの・時間】
【暮らしの・道具】
【暮らしの・手入れ】
【暮らしの・味】
【暮らしの・学び】
【暮らしの・本】
【暮らしの・絆】
未分類

ライフログ

掲載雑誌

暮らしのおへそ vol.25 (私のカントリー別冊)


わが家のお金を、整える (私のカントリー別冊 暮らしのおへそ実用シリーズ)


暮らしのまんなか vol.24 「自分らしさ」が暮らしのまんなか (CHIKYU-MARU MOOK 別冊天然生活)


100%リアルキッチン ライフオーガナイザーによる心地よい人生を送るための暮らし方


ESSE(エッセ) 2015年 07月号


CHANTO(ちゃんと) 2015年 03 月号

以前の記事

2018年 12月
2018年 05月
2018年 04月
more...

タグ

(76)
(72)
(24)
(23)
(22)
(20)
(16)
(16)
(13)
(12)
(7)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

インテリア・収納
住まいとくらし